投資物件としてアパートをチョイス|デキる人がやっている?家賃滞納の収益を低下を防ぐ

集合住宅

リスク回避が出来ます

電卓

賃貸経営を行う際に一括借り上げサービスを利用する事によって、大きなリスクヘッジをする事が出来ます。一括借り上げサービスには契約年数も様々ですし、借り上げ価格も業者によって様々です。ですから、色々と業者に相談してから一括借り上げを依頼する業者を決定しましょう。

View Detail

リスクを下げる方法

インフォ

管理会社選びこそ重要

投資物件としてアパートを購入する場合には、正しい管理会社選びもしなければなりません。安定した家賃収入を得られるアパートは、非常に優れた投資物件です。しかし、管理会社によって、得られる家賃収入が異なってきます。また、入居率も管理会社に左右されるため、きちんと管理会社を選ぶことが重要です。アパート経営をされる方の多くが、アパートを販売する建設会社や不動産投資会社にそのまま管理を委託されます。そのため、アパートを選別する際には、建設会社や不動産投資会社を選別する気持ちで挑むことが重要です。また、アパート経営にもリスクがあり、どのようなリスクがあるのかを知ることも重要です。それぞれのリスクに、どのように対処ができるのか確認していきましょう。

選ぶ際の3つの基準

投資物件としてのアパートでは、空室が最も大きなリスクとなります。また、賃料変動リスクも必ず考慮しなければならないポイントです。管理会社を選ぶ際には、入居率を確認するほか、賃料変動をどのように見積もっているのかを確認することが重要です。入居率が95%以下である場合や安易に家賃を下げる管理会社とは、管理契約を結ばないようにしましょう。また、アパート経営では、家賃滞納リスクも対策する必要があります。家賃滞納に対しどのような対応をしているかを確認することで、適切な管理会社と契約をすることができます。また、入居者の選別をどのようにしているのか、どの保証会社を利用しているのかを確認することでも、家賃滞納リスクを抑えられる管理会社と出会うことができます。投資物件の中でも安定した家賃収入が特徴のアパートを購入する際には、空室、賃料変動、家賃滞納の3つに注意をして管理会社を選ぶことが重要です。

空き家にしないで貸す方法

インフォ

転勤や海外赴任などで家を長期間留守にする場合があります。そのような時はリロケーションという方法を利用すると便利です。空き家にしないで第三者に賃貸として貸し出すのです。家賃収入が入り、ローンの支払いに充てることができます。この特徴を生かし、不動産投資の方法としてリロケーションを活用する人もいます。

View Detail

成功に必要なパートナー

スタッフ

不動産経営を成功に導くためには、金融機関と管理会社を厳選することが重要です。有利な借入れができる金融機関を選ぶことにより、効率的に収益を得ることが可能になります。また、パートナーとなる管理会社は、3つのポイントで選ぶようにしましょう。

View Detail